BIG3NET(ビッグスリーネット)BIG3NET(ビッグスリーネット)ビッグコミックオリジナルビッグコミックスペリオール
ためし読み特選コラム・マンガ壁紙・ブログパーツ

あのゴルゴ13を直木賞作家・船戸与一が小説化!最強のエンターテインメント小説「ゴルゴ13ノベルズ」誕生!!

ABOUT GOLGO13 NOVELS

直木賞ほか数多くの賞に輝く小説家・船戸与一氏は、実はデビュー前に劇画「ゴルゴ13」の脚本制作に参加していた。今回、当時関わった「ゴルゴ13」の20を越えるエピソードの中から最も満足度の高い3作を選び、35年以上の歳月を経て船戸氏自ら現代の作品として再構成、小説化するというエンターテインメント・ファンにとって夢の作品が実現した。
第1集『落日の死影』に続き、第2集『鬼畜の宴』、第3集『おろしや間諜伝説』を毎月発売!!

STORY

『落日の死影』あらすじ
米国大統領スタッフは頭を抱えていた。それは過去にCIAが関与して秘密裏に製造した「死霊の泉」なる猛毒物質の存在である。孤島に貯蔵されたその物質を、存在証拠もろとも消し去ること。これがGへの依頼だった。だが、もう一人の“プロ”もまた、同じ依頼を受けていた。プロ中のプロ同士が、太平洋の孤島で出遭う時……!?


「ゴルゴ13ノベルズ1」電子書籍 発売中!

小学館eBooksにて 価格1092円
電子文庫パブリにて 価格1092円
PDABOOK.JPにて 価格1092円
BookLiveにて 価格1092円
App Storeにて 価格1000円
Reader Storeにて 価格1092円
docomo,au,softbankの
キャリア公式電子書籍サイトにて
価格1092円  

「ゴルゴ13ノベルズ1」電子書籍 発売中!

ゴルゴ13ノベルズ1 落日の死影 価格:1365円(税込)

PROFILE

◆ 船戸与一 ふなどよいち
1944年、山口県下関生まれ。早稲田大学法学部卒。 『山猫の夏』(吉川英治文学新人賞)、『猛き箱舟』(日本冒険小説協会大賞)、『伝説なき地』(日本推理作家協会賞)、『砂のクロニクル』(山本周五郎賞)、『虹の谷の五月』(直木三十五賞)、『満州国演義』シリーズ、『新・雨月 戊辰戦争朧夜話』など多数の著書がある。

◆ さいとう・たかを
1936年和歌山県生まれ、大阪府堺市で育つ。1955年、貸本漫画の『空気男爵』でデビュー。代表作は『台風五郎』『ゴルゴ13』『サバイバル』『鬼平犯科帳』他多数。『ゴルゴ13』で第21回小学館漫画賞(1975年)および第50回小学館漫画賞審査委員特別賞(2005年)受章。また2003年紫綬褒章受章、 2010年には旭日小綬章受章。