BIG3NET(ビッグスリーネット)BIG3NET(ビッグスリーネット)ビッグコミックオリジナルビッグコミックスペリオール
ためし読み特選コラム・マンガ壁紙・ブログパーツ
最新刊情報連載作品の紹介次号予告新人コミックオーディション最新刊コミックアンケート&プレゼント西原理恵子の人生画力対決
味いちレシピ 味いちもんめの舞台裏実写版ラーメン鑑定団こども奥さんスペリオールHISTORY
【新・味いちもんめ】の舞台裏
第11回 今日も食べては書いてます! …Vol.8 バ〜ゲンだよ〜♪
人は見かけじゃない…などと言いますが、でも、社会人としては最低限の身だしなみは大事なことなんですよねぇ。とかなんとか言いながら、今回もまた食いまくってしまうのは、料理マンガに携わる者の性でしょうか?
文/福田幸江(『新・味いちもんめ』シナリオ執筆者)
(バーゲンランチ)
ビビンバ、北海道クリームコロッケとメンチカツ、カニ入り稲荷寿司、神戸餃子、中華ハンバーガー、まぐろとウニ寿司、とても美味しくいただきました!
(焼肉)
ニンニク焼きの味つけが絶妙。たぶん、ゴマ油に塩、バターと薄口醤油少々といった感じ。これを2人前完食。マッコリ効果(?)で、翌日にはニンニク臭はほぼゼロ。
(島根岩牡蠣)
島根の岩牡蠣は初体験! プリプリかつミルキーで美味かった! 岩牡蠣の産地は他に象潟、三陸なども有名。こんど全国岩牡蠣ツアーをするぞ! と野望を抱く…。
(梅キュー)
キュウリ、練り梅、海苔の梅キュー。3人前を一盛りにしてもらったら、黒々としてちょっと不気味な感じに。ちなみに姪は1本もくれず、1人で完食しましたとさ。
 先日、春、夏物バーゲンセールに行ってきました。人混みが苦手で、洋服やブランドに興味のない私がバーゲンに行くなんて、かなり珍しいこと。これには自分の性格が大きく関わっていて…。
 いつも身なりを気にせず、自分は自分と思っていた私。身内から「女を怠けてる」と言われても、
「食べて飲んで体にお金をかけてるの。ほ〜ら、この二の腕のこの脂肪、グラム2,000円はするかなぁ。ブランド牛並みよ〜」
 なんて得意になっていました。でも、そんな奇妙な自信は、初対面の人から冷たくあしらわれたことで、もろくも崩れてしまったのです。
 初めは外見で人を判断するなんてと憤慨していたのですが、相手はそれなりの格好で来ていたことを考えると、その人はその出会いを重要なものと捉えていたんですね。なのに自分は普段着。大した場じゃないと私が考えていると思われたのかもしれません。
 と、こういう考えに至ったきっかけは、高校生の甥っ子の言葉。
私「服装とか気にしたほうがいいと思う?」
甥「気にしないよりは、気にしたほうがいいと思うよ」
私「この格好で初対面の人に、冷ややかな視線を浴びたんだけど…」
甥「第一印象って大事でしょ〜。その人を知る一番初めの手がかりなんだから」
私「ガーン! 絶句…」
 そ、そうですよね…。自分、初めて入る飲食店は店構えを気にします。お店の人の第一印象やサービスで、また来るか二度と来ないか決めたりします。それと同じです。はい。『服装や外見で人を判断しない』は正論。でも、時と場合に応じてきちんとしないと、外見で判断されるのもやむなし…。
 表裏一体。何ごともバランス感覚が大事とまたまた感じた出来事でした。
 しかし、極端な性格はすぐには改まらず、バーゲンでしこたま洋服を買い、バーゲン会場の出店で食べきれないほど食品を買い込んでしまった私。さらに来週末、違う被服メーカーのバーゲンに行く予定。
 さらに食欲もパワーアップして極端さ全開。焼肉が苦手になったはずなのに復活の兆し! マッコリにニンニク焼き、ロースにはまって1週間で3回も焼肉店へ。
 牡蠣も仙台に通いつめて食べつくして苦手になったはずなのに、岩牡蠣を食べて復活! 居酒屋ハシゴで島根、鹿島、三重、銚子の岩牡蠣をお腹の中へ。
 ちなみに、姪っ子も極端な性格(食欲?)らしく、梅キューが大好物で一度に3人前はペロリ。もうこれは遺伝決定。世の中、抗えないものがあるんですな…。