BIG3NET(ビッグスリーネット)BIG3NET(ビッグスリーネット)ビッグコミックオリジナルビッグコミックスペリオール
ためし読み特選コラム・マンガ壁紙・ブログパーツ
最新刊情報連載作品の紹介次号予告新人コミックオーディション最新刊コミックアンケート&プレゼント西原理恵子の人生画力対決
味いちレシピ 味いちもんめの舞台裏実写版ラーメン鑑定団こども奥さんスペリオールHISTORY
【新・味いちもんめ】の舞台裏
第22回 今日も食べては書いてます! …Vol.19 ある日の日曜日
料理を美味しく楽しむには器も大切。でも当然、その道は深く、極めるには先立つモノも…。
さて今回は、何事にも好奇心旺盛な福田氏が、骨董の器をかじっちゃった(!?)お話です。
文/福田幸江(『新・味いちもんめ』シナリオ執筆者)
ランチでいただいた松花堂弁当。伊橋くんも、おいおいランチタイム営業を考えるかもしれませんね。
塩辛は2人前注文。お店によって作り方や味が違うので、自家製とあったら必ず頼む一品です。
ここのお寺で開かれる骨董市は月1開催。ちょっと通ってみようかな〜と思っています。
ボチボチ片付け始めているお店も…。この次はもっと早めに来なくっちゃ!
どこか懐かしい感じがしてつい買ってしまったもの。大正〜昭和初期にかけて作られた普段使いの器らしいです。1つ1つはお安かったんですけどねぇ…。
  人に影響されやすく、極端に熱しやすい 性格なので、興味を持つとすぐに飛びつくの が悪いクセ…。  
 数か月前、お世話になっている和食屋『とっとっと』さんで素敵なお皿を発見。女将さんに伺ってみると、骨董市で購入されたそうで、『大した物じゃないのよ。大正時代とか、昭和初期に作られた普段使いの器で、そんなにお高くないのよ』と謙遜しながらお話してくれました。
  『普段使い、大正、骨董』という言葉に反応して、一気に悪いクセが出てしまった私。しかも市が立つ場所は、子供の頃によく遊んだ お馴染みのお寺。これはラッキーと、次の開催日には必ず行こうと決心。でも、ただ行くのはつまらないのでテーマを決めることに。
  「伊橋くんの日曜日の過ごし方」これですよ。いかなる場合も仕事を忘れない自分をちょっとホメつつ、ある日の日曜日、出かけてみました。

  まず、午前中はゆっくりめに起床。洗濯物を仕掛けて朝食を兼ねてランチへ。ここはやっぱり気になるお店に行くだろうと、和食を選んで松花堂弁当をオーダー。ついでにビー ルを1本。伊橋くんは昼から飲まんだろう!?  というツッコミはおいといて、つまみに塩辛を頼んじゃったりして♪ 味わいながら、盛り付けを愛でながらゆっくり食事。
  しかし、つい飲み過ぎてすでに14時過ぎ!  本当の伊橋くんなら食事をとっとと済ませて書店にでも行き、料理本を見たり商店をのぞいたりするのでしょうが…。私は慌てて目指す骨董市へ。
  境内にはいくつも出店があり、ディスプレイに拘るお店もあっていい雰囲気!

 が、しかし! この骨董市、早朝から開かれており、夕方前には終了するらしく、店じまいしている所がチラホラ。ガーン! ランチビールなんて飲むんじゃなかったわっ!  こうなると当初の仕事的テーマを忘れ、1人バーゲン会場最終日状態に突入。 どれもが素晴らしく見えちゃって、目利きがどうのなんて関係なく、「欲しい!」と思ったものをババッと購入し、ホッと一息。なんだろ、この達成感は!? クセになりそう!
  その気分と逆に食器はあまりにも重く、得意げに家族に見せたら「店でも開くのかよ?」と非難の嵐。ガックシ…。

  悪いクセがここでも出てしまいました。実は食器が好きで何かというと買ってしまい、 家族が少ないクセに5〜6個ないと気が済ま ず、大量購入してしまうクセがあるんです。
  そんなのが家にゴロゴロあり、初めは友達とのパーティーに使うとか、お客さんが来たとき便利!  と言い訳してましたが、そうい ったこともあまりなく、いいお皿に盛る豪華な料理もほとんど作ることもなく…。
  でも「腐るもんじゃなし、おばあさんになったら骨董市にでもフリーマーケットにでも お店を出しますよ〜だ!」と強気に開き直ってみたのはいいのですが、スッカラカンのお 財布を見て突然弱気に。それから数日は「伊橋くんなら計算して買うんだろうな」なんて考えながら節約料理を作りましたとさ…。
  ただ、このMY骨董ブーム、しばらくは続 きそうです。今まで熱心に勉強したことがな かったので、まずはいい物で目を養いつつ、 知識を蓄えてみようと思っています。
  伊橋くんの成長とともに、自分も少しずつ 成長しなければ…と思った 日曜日でした。