BIG3NET(ビッグスリーネット)BIG3NET(ビッグスリーネット)ビッグコミックオリジナルビッグコミックスペリオール
ためし読み特選コラム・マンガ壁紙・ブログパーツ
最新刊情報連載作品の紹介次号予告新人コミックオーディション最新刊コミックアンケート&プレゼント西原理恵子の人生画力対決
味いちレシピ 味いちもんめの舞台裏実写版ラーメン鑑定団こども奥さんスペリオールHISTORY
【新・味いちもんめ】の舞台裏
第28回 今日も食べては書いてます! …Vol.25 へぎそば
というわけで前回の予告通り、新潟県に「へぎそば」を食べに出かけた福田氏。どうやら彼の地で、新たな食との素敵な出会いがあったようです。ちなみにお土産で買った6人前が、担当に回ってくる可能性は…!? ナイと思います!!
文/福田幸江(『新・味いちもんめ』シナリオ執筆者)
行きの駅弁

行きの新幹線内で食べたのは宮城の駅弁、鮭はらこめし弁当。せっかく新潟に行くのだから新潟の駅弁にしようかと思ったけど、これ大好きなもんで…。

ビール&熱燗

とりあえずビールはお約束。サービスでついた大きな柿の種が美味しくて6袋購入。ただのバカかも…。でもやっぱり、そばには日本酒の熱燗酒だぁねぇ〜。

天ぷら盛り合わせ
新潟は舞茸栽培でも有名。舞茸の天ぷら、美味しかったです。
へぎそば
少量ずつ盛り付けるのを手振りと言うそう。これで2人前だなんてサービスしすぎ?
ぽんしゅ館
駅構内にある「ぽんしゅ館」。酔っ払い人形が展示されてました。なんか自分を見ているようで笑えなかったりして。
おみやげ1
実家からおみやげは駅弁で、というリクエスト。越後湯沢、東京両駅で購入。東京駅の売り場には、全国の駅弁がズラリ。百貨店の駅弁大会で買えなかったものが、スンナリ買えちゃいました。これからここで買お♪
おみやげ2&3
越後湯沢駅で買った極細のあさつき(上)。水で洗って、塩とゴマ油で和えていただく。辛くて美味しかった〜。米粉で作られた八海山うどんも買ってみた。けっこうコシが強くて満足!
大崎菜
大崎菜。茹でたら葉先より、茎のほうがすぐに柔らかくなってビックリ。
 へぎそばは、そばを盛り付ける器「へぎ(片木)」に盛られていて、新潟県の魚沼地方が発祥とされ、ふのり(布海苔)をつなぎに使っているのが特徴です。
 昔から魚沼地方では、婚礼や葬式、法事といった席で、何人前ものそばを「へぎ」に盛って振舞う風習があり、今でもその伝統は続いているとか…。
 というわけで我慢しきれず、先月新幹線に飛び乗って、いざ越後湯沢へ! トンネルを抜けると雪国で、駅前にへぎそば屋さんがありました♪ 
 入ったそば屋さんはけっこう有名らしく、午後2時過ぎだというのにほぼ満席。すみっこにちょこんと座り、とりあえずの生ビール。おつまみには越後名物柿の種がついてきて、ボリボリ、ゴクゴクしつつメニューとにらめっこ。注文するなら、ここは名前の由来ともなった「へぎ」に盛られたやつでしょう〜と見てみると、小さいもので2人前からなんですな。オススメの天ぷらの盛り合わせも食べたいし…。ちょいと悩んでしまいましたが、そこは食欲の赴くまま、へぎそば2人前と天ぷら盛り合わせ、熱燗1本をオーダー♪
 しかーし! 見てびっくり! 量的には下のザルが透けてみえるソバを想像していたため、一瞬「しまった!」と思ったほど、巷のそばの倍、いや4人前はあるんじゃないの? これじゃ大食い大会だわ〜。でも、頼んだからには食べなくては。

 で、そのそばですが、薄緑がかった色合いがとってもきれいでコシがあり、喉越しがなんともいえず…。出汁はそばの味を損ねない程度の薄味でした。これがよかったのか飽きが来ず、なんとか完食。ま、満腹を通り越してしまいましたけど。
 でも美味しかった! 本当に。お土産があるというので、6人前買って帰ったほど。
 で、その帰り、近所のスーパーで発見したのが越後の地野菜、大崎菜と八色菜。どちらもアブラナ科で、小松菜と似た感じ。しかしお浸しにしたら、茎はちゅるっと柔らかく、ほのかな苦みがなんともいえず美味しいものでした。ん〜、これだから旅はやめられないんですよね。そして駅には県内の日本酒がズラリと並ぶ「ぽんしゅ館」と名付けられた売り場があって、利き酒までできるのです。
 新潟最高! 初めて行った新潟ですが、また訪れてみたいです。春は山菜食べ放題、夏はナスの食べ比べ(ちなみに新潟はナスの作付面積日本一だそうで、巾着ナス、梨ナス、十全ナスなど、新潟ならではのナスがあるのだとか)。秋は村上の鮭を食べ、冬は寒鱈(カンダラ)、なんてどうでしょう? 夢は広がります。
 実現し、珍しい地野菜や名産品を見つけましたら、またご報告します。