BIG3NET(ビッグスリーネット)BIG3NET(ビッグスリーネット)ビッグコミックオリジナルビッグコミックスペリオール
ためし読み特選コラム・マンガ壁紙・ブログパーツ
最新刊情報連載作品の紹介次号予告新人コミックオーディション最新刊コミックアンケート&プレゼント西原理恵子の人生画力対決
味いちレシピ 味いちもんめの舞台裏実写版ラーメン鑑定団こども奥さんスペリオールHISTORY
【新・味いちもんめ】の舞台裏
第31回 今日も食べては書いてます! …Vol.28 ピリ辛料理
季節の風物詩を味わうことは、一年の大切な楽しみのひとつ。でも多忙な福田氏、この春は色々な楽しみを取り逃がしてしまったようです。そんな時はどうするのかって!?  …もちろん、食べるんです!!。
文/福田幸江(『味いちもんめ〜独立編』シナリオ執筆者)
花山椒

山椒の花芽(直径約2〜3mm)を花山椒といって、佃煮風に炊いたり椀物の吸い口に。佃煮風にしたものはお茶漬けにピッタリ! 今年は食べられないなんて、悔しいですっ!

キムチ

キムチの盛り合わせ。ウチの家族は全員「キムチはご飯のおかず」と言うけれど、私は絶対「お酒のツマミ」。おかず派、ツマミ派、世間ではどっちが多いのだろう…。

ネギチャーシュー
青と白のWネギ使いがネギ好きにはたまらないネギチャーシュー。冬は埼玉県深谷、群馬県下仁田までネギを買いに行くほどのネギマニアなので、メニューに「ネギ 」とあれば必ず注文!
辣子鶏
四川風辣子鶏。鶏肉5〜6切れに対し、唐辛子その数約25本!! 素揚げした唐辛子はカリっとしてていい香り。でも美味しかったが、辛すぎて1本でリタイア。とりあえず他の具は完食。するとお店の人がやってきて、辛子が残っているのにもかかわらず片付けてしまった。ま、口がヒーヒーで食べられないからいいけど。でも気になったので聞いてみると「これ頼んでも唐辛子食べる人いないネ」だって。ふ〜ん、そういうものなのか…!?
 バタバタとしていたせいか、あっという間に過ぎ去ってしまった春。
 毎年楽しみにしていた「お花見」も「つくし摘み」も気がつけばシーズン終了で、ちょっとガッカリ。あ、でも春の楽しみといえばまだあるじゃない! と思いだしたのが花山椒(はなさんしょう)。お花見もつくし摘みもできなかったのだから、力が入ったのはいうまでもありません。準備万端整えて毎年摘ませて頂いている近所の教会へいざ! と先日出かけてみました。

 ところが花芽は小さな花びらがポソポソと付いているだけで、完全に開ききっていました。えっ!? あっ!? うそっ!? これもシーズン終了…。
 てか、今年は春が早すぎません? 例年ならこの時期なのに。それに4月の半ばってこんなに暑かったっけ? 
 これも地球温暖化のせいなのでしょうか? このところ東京は暖かい日が続いています。夏が最も苦手な私にとって、この暖かさはすでに「暑」く、夏も同然。それに春を満喫できなかった悔しさがプラスされ、ちょっと変なストレスが溜まってしまいました。こうなると、なぜか辛い物が無性に食べたくなります。

 辛い物は発汗を促して新陳代謝をよくする効果があるのですが、ストレスや悪い物も出してくれるみたいで、食べると不思議とスッキリするんですよ〜。私だけかもしれませんが…。
 それでいつもなら即、焼き肉店に行ってしまうのですが、ここでハタと考えた! 日本料理で辛い料理って何があるんだろう? と。
 明太子、南蛮味噌、山葵(わさび)漬、芥子(からし)和え、芥子蓮根、葉唐辛子の佃煮、花山葵のお浸し、南蛮漬け。辛い香辛料なら七味唐辛子、一味唐辛子、芥子、山葵、生姜 唐辛子(鷹の爪など)…。これしか浮かびません! ちょっと調べてみたのですが、日本料理には韓国や暑いタイなどで食べられる激辛料理は、あまり見受けられませんでした。
 それは、日本料理は素材の持ち味をいかすことを身上とし、淡味を良しとしていたからなのでしょう。
 と、調べたり考えたりしましたが、とりあえず焼肉店へGO! キムチや焼き肉、ネギチャーシューなどを食べてマッコリ飲んでストレス解消! 調子が出ちゃったので2軒目、中華料理店へGO! 辣子鶏(らーずーじー)と紹興酒で気力注入! 
 これでしばらくはいけそうな気がします!