BIG3NET(ビッグスリーネット)BIG3NET(ビッグスリーネット)ビッグコミックオリジナルビッグコミックスペリオール
ためし読み特選コラム・マンガ壁紙・ブログパーツ
最新刊情報連載作品の紹介次号予告新人コミックオーディション最新刊コミックアンケート&プレゼント西原理恵子の人生画力対決
味いちレシピ 味いちもんめの舞台裏実写版ラーメン鑑定団こども奥さんスペリオールHISTORY
【新・味いちもんめ】の舞台裏
第36回 今日も食べては書いてます! …Vol.33 お酒に合う料理
好きこそ物の上手なれ。目の前の些事をこなす毎日で、つい忘れてしまいがちな言葉です。それでも過ごした年月が、いい塩梅に自分を発酵させてくれることだってあります。福田氏のぬか漬け再挑戦、成功はいかに!?
文/福田幸江(『味いちもんめ〜独立編』シナリオ執筆者)

カメラを忘れてしまいG氏に撮っていただく。
Gさんごめんなさい。

アスパラ和え物

歯ざわりよく茹でられたアスパラの和え物。

カレイ刺身

マコカレイの刺身を塩を付けていただく。

吸い物

ハモの潮汁。

揚げ物

賀茂茄子と白身魚(魚の名は失念…)の天麩羅。

茶碗蒸し

アサリ出汁の餡がかかった茶碗蒸し。

ぬか床

クズ野菜で捨て漬け中のぬか床。気温が高めなので発酵が早い。 あと2週間もすれば食べられるかな?

 以前、『味いちもんめ』の担当者だった『せかくだ』でお馴染みのM井氏。担当が変わっても何かと気にかけてくださり、美味しくて作品の参考になるお店の情報をいろいろと教えてくださいます。
 先日も私が住む町から2駅ほど離れた町に面白いお店があるとの情報をいただき、現担当G氏とそのお店で打ち合わせをすることに。

 店内はテーブル席が1席、カウンター席が5〜6席ほどで、落ち着いた雰囲気のこぢんまりしたお店です。
 とりあえずのビールで乾杯すると、目の前で早速料理開始。カウンター席に座ったため、店主の手元がはっきり見えます。料理している姿が見られるなんて、あまりないことなので、とても参考になります。
   そしてお料理はというと、素材の持ち味を生かしたシンプルなもので、滋味溢れる繊細な味わい。途中、ビールから店主オススメの日本酒に切り替えたのですが、これがお料理と相性がよく、ガンガン飲めちゃうのです。
 銘柄をうかがうと喜久酔の特別純米酒とのこと。店主はこの日本酒が大好きで、惚れこんだ結果「これに合う料理を作りたい」と日本料理の修業を始められたそう。
 日本料理を目指すきっかけは人それぞれですが「日本料理の美しさや伝統に魅せられて料理の道に進んだ」とうかがうことは多くても、「美味しい日本酒に合う料理」というのはあまり聞いたことありません。日本酒がガンガン飲めちゃうのは、こういったところに理由があったのですね。
 そして炊飯土鍋で炊いたおこげ付きのごはんをいただき、お食事会は終了。今回はホント、参考になりました。

 私がいうのもなんですが、好きこそ物の上手なれって本当ですね。好きなものだからこそ情熱を持って挑み、極めることができる…。
 じゃあ自分は…?
 情熱を持って始めたことは数え切れないほどあります。しかし折れやすい性格のせいで何事も中途半端で挫折したまんま。
 そこで考えた! 以前挫折したままになっていたものに再挑戦しようと!!
 今から8年ほど前、とても美味しいぬか漬けを食べたことから自分でも作ってみたくなり、漬物の本片手に作ったことがありました。やると決めたら徹底的にやらないと気が済まない性分なので、ホーロー容器を始めとするぬか漬けグッズを取りそろえ、塩はこだわりの天然塩、水もミネラルウォーター、野菜はすべて有機無農薬に。しかしぬか漬けは一日2〜3回手を入れなければならないほど手間がかかるもの。当時、外に出る仕事が多かったため、実家にぬか床を置いてもらうことに。
 しかし不規則な生活が続いたため、ぬか床番を姉や母にお願いすることが多くなり不満が出始めたのです。
 さらに実験的に香辛料をアレコレ入れちゃったおかげで、1か月かけてやっと発酵したぬか床は塩辛く、おまけに苦いし臭い。
 ぬかを混ぜ続けた姉は「面倒な思いして一生懸命混ぜたかいが無い!」と。漬物上手の叔母には「普通にやればそこそこできるのに。こんな不味くなるなんて不思議」と散々な言われよう…。家族からぬか漬け禁止令がでたのは言うまでもありません。
 それから毎年、ぬか漬けを始めるにはいい季節(5月)になるとこの事件を思い出し、作りたい気持ちをグッとこらえていました。
 そして2009年7月、満を持して…ぬか漬け始めました!!
 家族からは「迷惑かけないこと」「捨てるのはもったいないから、不味くならないよう注意」と念を押されたので、シンプルに少量作り、冷蔵庫で保管することにしました。
 さて、その出来はいかに?