BIG3NET(ビッグスリーネット)BIG3NET(ビッグスリーネット)ビッグコミックオリジナルビッグコミックスペリオール
ためし読み特選コラム・マンガ壁紙・ブログパーツ
最新刊情報連載作品の紹介次号予告新人コミックオーディション最新刊コミックアンケート&プレゼント西原理恵子の人生画力対決
味いちレシピ 味いちもんめの舞台裏実写版ラーメン鑑定団こども奥さんスペリオールHISTORY
【新・味いちもんめ】の舞台裏
第42回 今日も食べては書いてます! …Vol.39 いただきもの
一年中「食」の探求に余念がない福田氏のもとには、この秋も様々ないただきものが届いたご様子。それもこれも、今回のコラムのように、福田氏ならば美味しく食してくれるという信頼があるからかもしれません。これぞ人徳ならぬ「食得」….お後がよろしいようで!?
文/福田幸江(『味いちもんめ〜独立編』シナリオ執筆者)
巨峰

みちみち〜、パッツンパッツンの巨峰の実。フルーツはあまり食べないのですが、採れたて新鮮で1房完食。ごちそうさまでした!

小丸茄子

ちっちゃな小丸茄子。計量スプーン(大さじ、小さじ)と比べると、その大きさがわかりますよね?

塩漬け

塩、水、砂糖少々、酢少々、水、焼きみょうばん少々を加えて塩漬けに。きれいな色に漬け上がりました〜 。

かぐらなんばん

ピーマンそっくりな神楽南蛮。辛い物が好きな方は、種も一緒にいただくといいそうです。

醤油炒め

神楽南蛮をさっぱりと醤油味にしてみたら、家族にはご飯のおかずとして、けっこう好評でした。自分的にはやっぱりお酒のつまみ… 。

【オマケ】福田家のネコたち
ウッチー

実家の三毛猫の「チーちゃん」より毛色が薄いのでウッチー。名付けのセンス無いな…。

コッチー

先に来た「ウッチー」より色が濃いのでコッチー。イタズラ盛りでこんな所に。キッチンは毎日消毒。こっちはやること増えてグッタリ…。

ひゃくたろう

先住ネコのひゃくたろう17歳。まゆげが部分が薄毛で公家顔。

ころすけ

先住ネコのころすけ7歳。拾ったときから片目が悪い独眼竜。

 普段、会話のネタが食べ物に偏っているせいか、いつも腹ペコだと思われているようで、食べ物をいただくことがよくあります。

 先月の末に、ぶどう狩りに行った収穫好きの母からは大きな巨峰を。採りたてのぶどうは水分が多くて本当にフレッシュ。糖度も高く、果物屋さんで買ったらさぞかし高かろうと思うほど美味しいものでした。このぶどう、驚いたことに名産地の山梨県ではなく、東京のすぐお隣、埼玉県の狭山市のものだとか。狭山といえば、名産の狭山茶が有名ですが、ぶどうもあったんですね。灯台もと暗し! こんな美味しいぶどうが採れるなんて! です。狭山ならウチから電車で1時間ほどで行けるので、来年のシーズンにはぜひ行ってみようと思ったのでした。
 つい最近には、神楽南蛮をいただきました。
以前、出身地を新潟に設定している登場人物の稲月さんが「かぐらなんばん」の話をするシーンを書いたところ、それを覚えていた友人が、スーパーで見つけたと言って買ってきてくれたのです。
 神楽南蛮はピーマンに似た形のトウガラシで、さわやかな辛味が特徴です。さわやかといっても、辛いものが得意ではない私にはけっこうな辛さ。なので、辛味が多い種の部分をきれいに取ってしまいます。こうすれば、さほど辛味は感じないため、私でも大丈夫!
 で、さっそく料理開始! 新潟では実を細かく切って味噌で炒めた南蛮味噌が有名だそうですが、作り方が面倒そうなので、我が家では細く切って、大葉としらすを加えてちゃっちゃと油で炒め、出汁と醤油をからめて調理しました。なんてことはない料理ですが、神楽南蛮の香りと辛味はしっかり味わうことができました。
 さらに、このコラムで以前書いた民田茄子の話がきっかけとなり、『味いちもんめ』担当のGさんから山形の地野菜である小丸茄子をいただきました。
 はじめは民田茄子を手配してくださったそうですが、シーズン終了となっていたため、民田地区以外の在来種を送ってもらったそうです。しかし、この小丸茄子、スーパーで見かけた育ち過ぎた(?)ものとは違い、小さくて皮がやわらかく、実もぎゅっと締まっており、これぞ本場物といった感じ。いただいてすぐ、塩漬けに挑戦しました。
 会話のネタが偏っているおかげで、ときどきこんな幸せないただきものが舞い込んできます。本当にありがたいことです。

 …でも、食べ物ならいいのですが、それが動物となるとまた話は別。
我が家では4匹のネコを飼っていたのですが、一昨年に16歳、今年の春に17歳のネコを亡くしてしまい、動物病院で「心に穴が空いた」「寂しい」などともらしていたら、先生 が「ネコで空いた穴はネコにしか埋められない」と名言を! そして新たに1匹飼うことに…。さらに8月、「ネコ枠(!?)の定員にまだ余裕あるでしょ」と。「そうか、ウチの定員って4匹だったのか」と妙に納得して、姉が拾った猫もいただくことに…。エサ代、かなりかかるなぁ…。ま、好きだし、カワイイからいいんですけど…。ちなみに実家は定員5匹、満員だそうで、余裕なし…。
 やっぱり会話の話題選びは、よく考えないといけませんね。