BIG3NET(ビッグスリーネット)BIG3NET(ビッグスリーネット)ビッグコミックオリジナルビッグコミックスペリオール
ためし読み特選コラム・マンガ壁紙・ブログパーツ
最新刊情報連載作品の紹介次号予告新人コミックオーディション最新刊コミックアンケート&プレゼント西原理恵子の人生画力対決
味いちレシピ 味いちもんめの舞台裏実写版ラーメン鑑定団こども奥さんスペリオールHISTORY
【新・味いちもんめ】の舞台裏
第61回 今日も食べては書いてます! …Vol.58 超酷暑
口から出る言葉はただ「暑い」だけの今日この頃。ですがところにより場所により、この暑さが野菜など作物の成長を助けている……そう思えばこの暑さも味方に……なりませんよね。せめて福田氏の美味しいコラムで滋養をつけて下さい!
文/福田幸江(『味いちもんめ〜独立編』シナリオ執筆者)
これがマッチーさんから送られてきた家庭菜園写真。けっこうチカラ入ってます。自分は食べるのは好きですが、作るのは苦手かも。ズボラですから…。
カノビアーノ京都で食べた賀茂茄子のなんちゃら。6年前のことなので名前が思い出せん…。
室町和久傳で食べたアワビとキツネの炊き合わせ。キツネとは大きく育って黄色くなったキュウリのこと。
道産子曰く「ジンギンスカンといえばベルのタレ」だそうです。
・北海道では一家に1台、ジンギスカン鍋。
・北海道人なら一度はジンギスカン鍋を頭にのせたことがある。
・道産子ならジンギスカン鍋は必須の嫁入り道具。
北海道出身のダンナから聞いた冗談です。
他紙の仲良し(?)編集・Aさんから教えていただいたじゃばら酒。和歌山県北山村でしか生産されていない柑橘類のじゃばらを使った日本酒のリキュール。独特の風味があって、今ハマってます。ちなみに花粉症に効果があるとか…。
 梅雨の終わりから続く、脳ミソも溶けださんばかりの暑さ、日本は一体どうなっちゃったんでしょうか…。
 この暑さに負けて、最近は食事を作るどころではなく、あーだ、こーだと理由をつけては外食が続いておりまして…。

 外食が続くとカロリー過多になり、夏だというのに脂肪は増すばかり。これではいけないと、なんとかしてやる気を呼び起こす方法をずーっと考えていたところ、このコラム担当のマッチーさんからナイスな画像が届きました。

 マッチー家では家庭菜園がブームだそうで、その画像が送られてきたワケですが、これがイイ刺激になりまして「あ〜野菜料理が食べたい!!」となったのです。

 とりあえずやる気は出たものの考えがまとまらず、昔の資料写真を見てみることに。そこで発見したのが数年前に行った京都の取材写真。懐かしい“京野菜のカリスマ生産者・樋口さん”さんの畑やら、樋口さんの野菜を使った料理やら…。
(ちなみに樋口さんは京都編に登場する農家のゲンちゃんのモデルとしてご協力いただきました)

 そんな美味しそうな写真を見て、がぜん料理する気が出るには出たのですが、一歩外に出たとたん青菜に塩…。作る気は失せ、またまた外食となったのです。

 料理する気はなくとも食べる気は旺盛で、涼しいお店でモリモリ食べる私。ふと厨房を見ると、板前さんは汗だくでお仕事をされています。………ダメな自分を反省してしまいましたよ。人間、額に汗しながら働かなくちゃいけないんだと…。

 で、思いついたのは「味いち」に携わる前のその昔、出張先の札幌で1人で食べたジンギスカン。夏はスタミナが大事ですからね。
で、その美味しさを思い出したところで、お家でジンギスカンをすることに。一応、鉄製のジンギスカン鍋は持ってはいるんですが、後始末が結構大変なので、テフロン加工のジンギスカン鍋を購入。そして北海道からジンギスカン用のベルのタレとラム肉をお取り寄せ♪ そして額に汗しながら食べたのでした。

“その気になればできるじゃん!”と自分をホメてあげたワケですが、ふと、このやる気を仕事にも反映しなければ…と。
 するとちょうど今週は物語の舞台、神楽坂で「第39回 神楽坂まつり〜ゆかたでおいでよ神楽坂〜」というイベントがあるじゃないですか! というワケで、ちょっくら行ってみようと思っています。そのご報告は、コラムにてご紹介しますね。(たぶん…)