BIG3NET(ビッグスリーネット)BIG3NET(ビッグスリーネット)ビッグコミックオリジナルビッグコミックスペリオール
ためし読み特選コラム・マンガ壁紙・ブログパーツ
最新刊情報連載作品の紹介次号予告新人コミックオーディション最新刊コミックアンケート&プレゼント西原理恵子の人生画力対決
味いちレシピ 味いちもんめの舞台裏実写版ラーメン鑑定団こども奥さんスペリオールHISTORY
【新・味いちもんめ】の舞台裏
第72回 今日も食べては書いてます! …Vol.69 今年のお正月は…?
みなさま明けましておめでとうございます。2011年も『味いちもんめ〈独立編〉』ならびに等コラムをよろしくお願いします。ところで皆さんご覧になりましたか? あれですよ、例のスペシャルな…
文/福田幸江(『味いちもんめ〜独立編』シナリオ執筆者)
これがウワサの水コンロ。焼いているのは本誌コラム「味いちレシピVol2」でご紹介予定の「きりたんぽ鍋」「たんぽ」です。お正月早々、きりたんぽ鍋をたんぽから作ったのですが、これがかなり楽し作業で家族も大喜び。作り方やうんちくは1月28日発売の4号をご覧ください!
ドラマ「味いちもんめ」の台本を記念にいただきました。何度も読み返してしまったほど面白く、かなり勉強になりました!
台本の裏表紙には〈独立編〉以前のシリーズに登場した桜花楼とSAKURAの面々が。『日本人が忘れかけた(!?)“常に前へ前へ!”のひたむきな向上心――!』というキャッチコピーは、前シリーズの単行本カバーの裏に書かれていたものです。懐かしい〜♪
明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします!!

 今年のお正月は、みなさんどう過ごされたのでしょうか?
私は例年通り、元旦から実家で飲んだり食ったり…。

 イベント好きの姉は毎年何かしら家族が驚くことをやってくれますが、今年は水コンロと呼ばれる卓上の炭焼き器具を用意して元旦からお餅、蟹、エビ、ホタテなどを焼きまくってくれました。
 火を見ると興奮する人間の本能(?)なのか、家族一同、大盛り上がり!! 炭のおかげで味も三割増しでした。

 そして迎えた1月8日。実家で家族勢揃いで中居正広さん主演のドラマスペシャル「味いちもんめ」を鑑賞!!

 食事を終えてテレビ前に揃う大家族。大人と子供が一緒にテレビドラマを楽しむ…。まるで昭和の風景のようでした。

 もちろん、かなり盛り上がりました!
とくに姉と私は中居さん演じる伊橋がセリフを言うたびに、キャーキャー大騒ぎ。小林稔侍さん演じる熊野の親方が登場すると「渋い演技!」と大絶賛! さらに撮影現場にお邪魔した時のシーンが流れると、家族に自慢話をタラタラ…。

 さらにドラマ終了後、単行本プレゼントの告知を見て万歳三唱! プレゼント告知が入るなんて聞いていなかったので本当にビックリ。後から聞いたのですが「新・味いちもんめ」の宣伝になると、当編集のGさんが局側に申し出てくれていたそうです。本当にありがたいことです。

 家族とも言っていたのですが「味いちもんめ」は子供も大人も安心して見られる、盛り上がるいいドラマですよね。
 これもあべ善太先生と倉田よしみ先生がしっかりとしたお話を作ってこられたからこそ。年末にこのコラムで書きましたが、今年はもっと面白くなるよう日々研鑽!です。

 そうそう、ドラマを見ている途中思ったことが一つ…。昔からのキャストがそのまま登場すると、懐かしさもさることながら、とても嬉しい気分になりました。

 まんがの読者の方も、同じかも?と。

 ちょっと言い訳がましいですが、藤村の親方を初め昔のキャラクターを書くときは、あべ先生と倉田先生が作り上げたものを汚してはならないと緊張し、かなり時間がかかります。
 また、力不足の私が書いて読者の方をガッカリさせてしまうのでは…と不安になり、正直書けずにいました。
 しかし今回、ドラマを見て、昔のキャラクターについては、一番ご存じの倉田先生に教えていただき、担当編集さんにご相談すればなんとかなるかも…と思えるようになったのです。
今さら気づくなんて遅いですが…(汗)。

 今年はドラマをきっかけに、いろいろと考えさせられる年明けとなりました。とりあえずやる気はまんまんですので、今年も「新・味いちもんめ」をよろしくお願いいたします!!