BIG3NET(ビッグスリーネット)BIG3NET(ビッグスリーネット)ビッグコミックオリジナルビッグコミックスペリオール
ためし読み特選コラム・マンガ壁紙・ブログパーツ
最新刊情報連載作品の紹介次号予告新人コミックオーディション最新刊コミックアンケート&プレゼント西原理恵子の人生画力対決
味いちレシピ 味いちもんめの舞台裏実写版ラーメン鑑定団こども奥さんスペリオールHISTORY
【新・味いちもんめ】の舞台裏
第83回 今日も食べては書いてます! …Vol.80 本日は夏至で猛暑日!!
暑い日が続いております。節電により汗を拭いながらお仕事をされているかたも多いのではないでしょうか? そんな時は体力が命! さあ福田氏と共に(?)がっつり食べましょう!
文/福田幸江(『味いちもんめ〜独立編』シナリオ執筆者)
冷やされてプルプルになった手羽元カレー。「カレーの煮凝り」 と命名し、商品開発に乗り出す! なんてことは無い。それにし ても絵面がなんとも…。
今日は焼きカレー。ご飯の上にカレーをかけ、卵を落として溶け るチーズをのせ、パン粉とパセリのみじん切りを振る。あとはオ ーブントースターで焼くだけ。
一週間前ぐらいに行った浜松町の中華店で食べた小龍包。大好物 なので1人で完食。
カスタード餡が入った動物型の万頭。背中に入った切り込みから どうやらハリネズミを模しているような。
 とにかく暑い!

 普段ならすぐにエアコンのスイッチを押してしまうのに、節電に加え、風邪で熱もあるため今日のところはグッグッと我慢!! でも暑い…。

 こんな暑い日は、冷やし中華そばなどの冷たい麺類や冷や汁なんかを食べたい所。が、昨日作ったカレーがまだタンマリと残っているんです。

「暑いからこそカレーで汗をかく」という人もいらっしゃいますが、冷房をかけずにドロリとした熱いものを食べる気になれず、かといって放っておくと腐るしもったいない。あ〜なんだかユウウツ…。で、実家におすそわけしようと電話してみたところ、運悪く実家も昨日カレーを作っていてタンマリ残っているとのこと。

 いや〜悪いこと(?)は重なるもんです。う〜んと唸ってしまいました。それでふと思いついたのが「冷やしカレー」というフレーズ。世の中には本来は温かい料理なのに、冷やして食べる料理がありますもんね。冷やし茶わん蒸しとか。
 もしや…と思ってネットで検索! いや〜ビックリです。まさかと思ったのですが、世の中に「冷やしカレー」というモノが本当に存在していました。ちょっと感動!

 一度も食べたことないし、存在すら知らなかった「冷やしカレー」なるもの、かなり集中して調べてしまいました。結論から言うと「冷やして食べるのを前提として作るカレー」、または「熱いご飯に冷やしたカレーをかける」というものだということが判明。

 当然我が家のカレーは前者ではありません。それに冷やしカレーのルウは、シャバシャバとしたスープ状のものばかりで、我が家のカレーを「冷やしカレー」にリメイクするのはちょっと無理。それなら後者にするかと、冷蔵庫にしまってあるカレー鍋を開けたところ…!!!

 何が起こっていたかというと、冷やされたカレーはふるふるとしたゼリー状。というのも、使ったお肉が鶏肉でしかも骨付きの「手羽元」ってヤツで、コラーゲンがタップリ出ていたんですねぇ。

 いつもなら豚肉なんですが、特売で豚肉よりさらに安くて、骨から出汁も出るからと、つい選んでしまったんです。確かに昨日は美味かった。ええ、出汁も出ていましたよ。

 でも、ふるふるのカレーを熱いご飯にかけた所を想像してみてください。ご飯の熱でカレーがレロレロ〜っと溶けていくサマを。それに冷たい鶏の手羽元はコラーゲンのせい(?)か肉の部分がカチっと締っていて固いんです。

 これであきらめましたワ。今日の夕飯はアツアツのカレーに決定! でも昨日と同じなのは芸がないので、開き直ってさらにアツアツの「焼きカレー」にしようと思います。

 以前も「カレーの始末」について書いていますが、毎度悩むくらいなら作らなきゃいいんですよね。でも、たま〜に無性に食べたくなるんです。あ…、今気づきました…。3日もカレーが続くほど、大量に作らなければいいのだ! と。

 学生だったその昔、実家には育ち盛りの弟を含めて7人ほどが暮らしていて、料理を作る時は結構な量が必要で、私のカレーは美味しいとよくホメてもらっていました。たぶんその記憶のせいなのでしょうね。現在3人家族と少ないのに、何を作るにしても大量になっているような…。

 もういい年なので、そろそろ改めなければいけないなと思う今日この頃でした。