BIG3NET(ビッグスリーネット)BIG3NET(ビッグスリーネット)ビッグコミックオリジナルビッグコミックスペリオール
ためし読み特選コラム・マンガ壁紙・ブログパーツ
最新刊情報連載作品の紹介次号予告新人コミックオーディション最新刊コミックアンケート&プレゼント西原理恵子の人生画力対決
味いちレシピ 味いちもんめの舞台裏実写版ラーメン鑑定団こども奥さんスペリオールHISTORY
【新・味いちもんめ】の舞台裏
第112回 今日も食べては書いてます! …Vol.109 『初物』
人間、いくつになっても「初物」と出会う経験はあります。そういう経験が多いほど幸福と言える面はあるかもしれません。残暑厳しい中、福田氏はいろいろな初物と出会われたようで…。
文/福田幸江(『味いちもんめ〜独立編』シナリオ執筆者)
初めて食べた二郎系ラーメン。これで「野菜少し多め」だそうですが、「大盛りで」なんで頼んだらどんなことになるのでしょう?食べられないけれど一度「大盛り」を見てみたいです!
採れたて葉付きの落花生。手前の4束買っちゃいました。茎から外して水洗いしたんですが、けっこう時間がかかりました。でも、苦労した分、美味さは格別でした!
ソース二度付け禁止の大阪風の串揚げ。揚物なのにソースがサッパリしているから何本でも食べられます。食べるのに夢中になり過ぎて「肉吸い」を撮り忘れ。いくつになっても食欲には勝てません…。
編集担当G氏からいただいた山形土産。本場鶴岡のだだちゃ豆は、やはり香りと甘みが違います! 右端があごだし醤油。独特の風味がクセになります。
旦那の家庭菜園で初めてゴーヤが実りました。収穫してお浸しにして食べた所、近来まれにみる苦さにビックリ!最近苦くないゴーヤが多かったので大感動!来年はもっと早い時期から植えようと思います。
 この仕事を始めてから出かける度に、珍しい食材や食品を探してしまいます。プライベートの旅行や別件仕事の出張でも、ご当地の名物を見るや食べたり買ったり写真を撮ったり。今夏は自分で買ったり食べたもの以外にも、いただいたお土産品の中にも珍しい物がありました。

 お盆過ぎ、父方の田舎へ行ったとき見つけたのが「蜂の子の佃煮」の瓶詰。カイコだのイナゴだの信州では昆虫料理が有名なのは知ってはいましたが、実際に見るのは初めて。手に取ってみたものの、なんと1瓶3800円というお値段。さすがに買い切れず断念…。 父に聞いてみると、地面に巣を作る地バチの幼虫を佃煮状にしたもので、栄養価が高い食べ物だったとか。父も子どもの頃は地バチを獲りに行っていたそう。しかし、最近は家で蜂の子料理をする人も少なくなり、今では大変高価な食べ物になっているそうです。そう聞くとやっぱり買っておくべきだったな…と少し後悔しています。

 8月後半、初めて食べたものがありました。それは前から気になっていた二郎系ラーメン。やたら大盛りなラーメンということで躊躇していましたが、かなり腹ペコだったので勢い行ってきました。…まあ凄いこと!「野菜ちょっぴり多め」で頼んでみたら「富士山かよっ!」てなくらいの野菜の山。さらに幅3cmほどの厚切りチャ ーシューが2切れも入っていました。野菜をやっつけなければ麺まで辿り着けません。
 自分は大食いだと思っていましたが甘かった! 無謀な挑戦を後悔したのは言うまでもありません。最後は旦那にお願いして食べてもらいました。いや〜ナメてかかっちゃいけませんね、何事も…。

 そしてつい先日、野暮用で千葉県は市原市へ。そこの農産物直売所で出会ったのが畑で採れたばかりの落花生。葉付きの落花生を手にしたのは初めてで、かなり興奮! 茹で落花生が大好物なのでもちろん大量に買い込みました! そして初めて茹で落花生作りに挑戦です。海水の塩分程度の水で1時間程度茹で、その後40分ほど放置しておけばいいんですが(笑)。まあ、採れたて茹でたての落花生は本当に美味い!! かなりハマってしまったので、今週末は千葉県八街市にある観光農園に行って、落花生堀りの体験をしてこようと思っています。

 写真撮るのを忘れてしまいましたが、大阪風の串揚げ店で出会ったのが「肉吸い」なる料理。見るのも聞くのも初めてでした。大阪の有名なうどん屋さんが発祥だそうで、いわゆる肉うどんから"うどんを抜いた"汁物です。これが牛肉が入っているのに関西風のお出汁のおかげか、サッパリとしていて美味でした。

 そうそう、いただいたお土産に「あごだし」の入った出汁醤油ってのがありました。「あご」は飛び魚の煮干しのことで、東京生まれの自分にはあまり馴染みがないものです。最近、料理店で何度か味わったことはありましたが、あごの出汁醤油は自分にとってはこれも初物です。

 かなりいろんな物を食べてきたと思っていたのに、初めて出会うものがなんと多いことか。でも「初めて出会う物」というのはなんとも新鮮な驚きと感動があるんですよね。毎回思うのですが、こういう出会いを伊橋くんに体験させたいな〜と。日本には有名ではないけれど、美味しい物、珍しい物がまだまだたくさんあると思います。そういものを掘り起こし、物語の中で世の中に広められたら…。

 で、毎回思ってるだけじゃダメなんで、そういった話を現在準備中です。倉田先生からもいろいろとご意見やアドバイスをいただきました。この秋からはちょっと忙しくなりそうなので、暴飲暴食を控えて(ムリかなぁ…)体調を整えようと思っています。